Warhammer Fantasy Roleplay Fourth Edition 2018.7.13

7月13日のCubicle7のサイトでは、Warhammer Fantasy Roleplay Fourth Editionの運命点と幸運点、及び、ResilienceポイントとResolveポイントについて説明されていました。
幸運点とResolveポイントはそれほど強力ではなく、消費と回復を繰り返しますが、運命点とResilienceポイントは強力でたやすく回復できないでしょう。
ResilienceポイントとResolveポイントについては、これまでの【狂気点】がResolveポイントとResilienceポイントに分かれた感じかな?

運命点と幸運点についてはご存知のとおりですが、いくつかの追加機能があるようです。
幸運点
・ロールのやり直しができる。
・ロール後の結果に+1の成功レベルを追加できる。
・イニシアチブ決定前に好きな手番を選択できる。

運命点
・戦闘などで能力値が0になってキャラクターが死ぬイベントで生き延びられる。(クリティカル表を無視して生き延びられる)
・運命点を所持していることで、単一のイベントからのダメージを無視できる。
私の解釈ですが、イベントで火山が噴火して町が飲み込まれたが自分は無傷で生きていたという感じかな?

新しく導入されるResilienceポイントとResolveポイント
Resolveポイント
・次のラウンドの終わりまで、心理的な影響を免除できます。
(恐怖判定に失敗しても、ポイントを使えばこのラウンドだけは通常通り行動できる)
・次のラウンドの始まりまで、パラメーターに受けた精神的ペナルティを無視できる。
・1つの条件を削除する。(詳しくは今後の記事参照だそうです。)

Resilienceポイント
・腐敗ポイントを減らすことはできないが、混沌変異などに抵抗できる。
・テストをロールする代わりにポイントを費やすと最悪な状況でもテストが成功したことになる。

グーグル翻訳を頼りにこんな解釈をしてみましたが、合っているかどうかまでは責任持てません。
中学時代からずっと英語は補修と追試で乗り切ってきた性質ですので。
PDF版が発売されたら、翻訳コミュニティでも作らないとどにもできないかも。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です