ボヴィゴ一ル:Bovigor

ボヴィゴールとはゴールのうち、牛の角が生えており、頭部そのものも雄牛型になったものをいう。
ボヴィゴールはたいへん競争心が高く、あらゆるゴールの中でも自分らが一番だと考えている。
ほとんどのボヴィゴールは思考に価値を認めておらず、それよりは恵まれた膂力に頼って問題を解決しようとする。

主要プロフィール
武技 射技
40% 25% 40% 44% 35% 26% 25% 25%
副次プロフィール
筋+ 頑+
1 12 4 4 5 0 0 0

技能:〈足跡追跡〉、〈威圧〉、〈言語:暗黒語〉、〈察知〉、〈忍び歩き〉、〈姿隠し〉、〈尾行〉、〈野外生存術〉

異能:《威圧感》、《剛力》、《野育ち》、《敏感》

特別ルール:
• 混沌変異:「動物めいた両脚」、「野獣めいた外見」、「左右の角」、「図体のでかい暴れん坊」。
さらに、追加の突然変異を生じる可能性が25%ある。発生したなら、D1000混沌変異表でロールを行なって1種類の変異を創造し、データを適宜修正する。
• 森の獣の静けさ:ビース卜マンは、もともと忍び寄ることに長けており、ほとんどが熟達した狩人や追跡者である。
そのため、〈忍び歩き〉のテストに+20%、〈姿隠し〉のテストに+10%のボーナス。

鎧:軽装鎧(レザー•ジャック)
アーマー•ポイント:頭部0、両腕1、胴体1、両脚0

武器:片手用武器/スピア、片手用武器/盾、角(ダメージ値【筋+】-1)

 

Follow me!

ボヴィゴ一ル:Bovigor” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です