D1000混沌変異表

混沌のミュータント(NPC)作成手順

ミュータン卜には、先天的に混沌変異をもって生まれた者も、後天的に変異が発現した者もいる。
さらには、できうる限り奇形を隠して普通の人々に混じって暮らしたいと考える者から、混沌を胸いっぱいに抱きとめて、教団の一員となり、エンパイア転覆に全てを捧げる者まで様々である。
とはいえ、どんな目的意識をもっているにせよ、多くのミュータン卜は、変異の程度がそれを許せばではあるが、できうる限り人間として生きようとする。
人間であることを諦めざるを得ずに、それでもなお生きている者は、司直の手から逃れたのか、あるいは、子供の時に森に捨てられ、以来のけ者として生きてきたかのどちらかだ。
なかにはビース卜マン(獣人)に誘われて-いくさ群れ-にくわわる者もおり、その多くは「野獣めいた外見」の変異内容をもつ者だが、中にはそうでない者もいる。
そもそも、ミュータン卜には標準など存在しないので矛盾を否めないが、以下にあげるデータは“典型的”なミュータン卜のものだ。

主要プロフィール
武技 射技
31% 31% 31% 31% 31% 31% 31% 31%
副次プロフィール
筋+ 頑+
1 11 3 3 4 0 0

技能:〈言語〉(暗黒語/ライクシュピ一ル)、〈察知〉、〈忍び歩き〉、〈姿隠し〉、〈動物の世話〉、〈野外生存術〉
異能:《逃走!》
特別ルール: 「混沌変異」1d10をロールして、変異の数を決定すること。1〜3なら1種類、4〜6なら2種類、7〜9なら3種類、10なら4種類の変異が生じる。
次に、D1000混沌変異表でロ一ルを行なって変異を創造し、データを適宜修正する。
鎧:なし
アーマー•ポイント:頭部0、両腕0、胴体0、両脚0
武器:片手用武器

※GMはミュータント作成の過程のロールで明らかに組み合わせの難があるものや、NPCであるとはいえ、キャラクターとして死んでしまうような場合は適宜変更や修正を行い、ミュータントをより恐怖に満ちた、魅力的なものに創造しよう。
所持品やキャリアにおいても、《肉体武器》を全面に押し出した野生味あるミュータントに片手武器は必要ないだろうし、街には住んでいないだろう。
一方、足の指が1~2本多いだけのミュータントであれば、それを隠して人間として責任ある重職に就いている場合もあるかもしれない。
GMは想像力を働かせて、そのミュータントの背景からPCと遭遇する際のキャラクター付けをデザインしよう。
この作業は煩雑ではあるが、時間を忘れるほどに楽しい作業でもある。

 

D1000ランダム混沌変異決定表

D1000とは、100の位、10の位、1の位それぞれ色分けした10面体ダイスを用意して3つのダイスを一斉にふる。
000の出目は1000とみなすことで、D1000が成立する。

ロール 混沌変異 ロール 混沌変異
001~005 酸排出 546~550 狂気
006~010 中毒 551~555 秘術呪文完全耐性
011~015 追加の眼 556~560 魔法耐性
016~020 俊敏 561~565 悪の妖術師
021~025 白子 566~570 たてがみ
026~030 魅惑的 571~575 妄想殺人
031~035 動物めいた両脚 576~580 頭部の小人
036~040 萎縮症 581~585 知の巨人
041~045 くちばし 586~590 メカ人間
046~050 千の××を持つ獣 591~595 人魚
051~150 野獣めいた外見 596~600 金属の身体
151~155 片腕の武器化 601~605 金属状の皮膚
156~160 鳥の脚 606~610 深夜の肌
161~165 奇怪な肌色 611~615 精神喪失
166~170 残忍性 616~620 大馬鹿
171~175 血液置き換え 621~625 腕複合
176~180 おでき 626~630 頭部複合
181~185 骨なし 631~635 増殖
186~190 火吹き 636~640 部分的過剰発育
191~195 輝く模様の肌 641~645 突き刺す舌
196~200 燃え立つ身体 646~650 頭部縮小
201~205 半人四足動物 651~655 はさみ状の手
206~210 混沌の器官 656~660 疫病の運び手
211~220 混沌の落とし子 661~665 尖った頭部
221~225 混沌憑き 666~670 毒のある牙
226~230 鉤爪 671~675 ポリープ
231~235 蝿の黒雲 676~680 力強い両脚
236~240 悪魔の蹄 681~685 巻きつく尻尾
241~245 腐食性の嘔吐物 686~690 ディーモン擬態化
246~250 小胆 691~695 脆弱なチビ
251~255 合体 696~700 四足獣/二足獣
256~260 肉の王冠 701~705 輝く肌
261~265 結晶構造の身体 706~710 ふきでもの
266~270 単眼症 711~715 顔面再配置
271~275 取り外し可能な四肢 716~720 再生
276~280 不安定な存在 721~725 不浄な快活
281~285 液だれ 726~730 腐敗している肌
286~290 複製 731~735 幾筋もの創痕
291~295 伸縮自在な四肢 736~740 鱗のある肌
296~300 電撃の接触 741~745 蠍の尻尾
301~305 やせ衰えた風貌 746~750 感覚器官喪失
306~310 デカ頭 751~755 短足
311~315 邪眼 756~760 縮小
316~325 余分な四肢 761~765 骨人間
326~330 余分な関節 766~770 むき出しの頭蓋骨
331~335 余分な手足の指 771~775 突き出た鼻
336~340 余分な口 776~780 霊魂破壊
341~345 余分な耳 781~785 棘つきの尻尾
346~350 余分な鼻 786~790 酸吹き
351~355 眼柄(カニ目) 791~795 胞子
356~360 796~800 奇怪な声色
361~365 早足 801~805 奇怪な歩み
366~370 血への恐怖 806~810 剛力
371~375 羽毛 811~815 吸盤
376~380 のっぺらぼう 816~820 尻尾
381~385 発作 821~825 念動力
386~390 燃え立つ髑髏の面貌 826~830 精神感応
391~395 悪臭の接触 831~835 瞬間移動
396~400 猛烈な悪臭 836~840 一時的な消失
401~405 蛙の目 841~845 触手状の片腕
406~410 毛皮 846~850 触手状の指
411~415 極度の肥満体 851~855 厚い毛皮
416~420 巨体 856~860
421~425 とさか 861~865 粘液の跡
426~430 顔面人 866~870 呆然自失
431~435 畏怖すべき風貌 871~875 透き通る肌
436~440 一本足 876~880 象の鼻
441~445 左右の角 881~895 ターンスキン
446~450 蛆虫の住処 896~900 途方もない腫瘍
451~455 図体のでかい暴れん坊 901~905 神妙なる酷似
456~460 せむし 906~910 制御不能な放屁
461~465 催眠の凝視 911~915 ゲテ物食いの極み
466~470 一般人への擬態 916~920 上下逆さま
471~475 体表裏返り 921~925 吸血鬼
476~480 知性ある膿疱 926~930 残留性/寄生性双生児
481~485 不可視 931~940 下品
486~490 鉄の如き肌 941~945 歩く巨顔
491~495 不条理な恐怖 946~950 変異の狂乱
496~500 不条理な憎悪 951~960 ねじくれた心
501~505 大耳 961~965 いぼ状の肌
506~510 革状の皮膚 966 武器熟練
511~515 浮遊 967~970 人獣化
516~520 四肢欠如 971~975
521~525 四肢入れ替え 976~980 動物学的変異
526~530 長い両脚 981~985 中程度の容貌毀損
531~535 長い首 986~990 この表を2回ロール
536~540 長い鼻 991~995 この表を3回ロール
541~545 針山 996~000 独自の変異を考える

 

 

 

 

Follow me!

D1000混沌変異表” に対して7件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

余分な耳:Extra Ear

次の記事

霊魂破壊:Soul Destruction