ネクリアーク・ヴァンパイア:Necrarch Vampire

ネクリアーク・ヴァンパイアほどに人を魂消えさせる存在は、夜の支配者にも他にはいるまい。
ほとんどのヴァンパイアは、アンデッドの一員にはなっても人間の容貌は保つものだが、ネクリアークの血には、汚染された不浄な何かが流れているのだろう。
彼らの肉体は、アンデッドになるや否や腐敗しはじめる。
骸骨めいた顔に、納骨堂の腐臭。
まったくもってネクリアークは、見る者を総毛立たせる。
そんな外見とは裏腹に、ネクリアーク・ヴァンパイアは高い知性の持ち主だ。
彼らは高塔で、暗黒の魔術の秘訣や、天界のことを調べて暮らす。
そして時たま、付近の地下墓地や填墓に眠る死者たちを呼び寄せては、定命者の国を征服しにむかうのだ。

主要プロフィール
武技 射技
51% 41% 61% 65% 62% 58% 75% 15%
副次プロフィール
筋+ 頑+
2 20 6 6 6 2 0 0

技能:〈学術知識:系統学紋章学〉、〈学術知識:死霊術+10%〉、〈学術知識:天文字+10%〉、〈学術知識:魔術+10%〉、〈字術知識:歴史学〉、〈騎乗〉、〈言語〉(どれか4つ)、〈拷問〉、〈察知〉、〈指揮〉、〈忍び歩き〉、〈常識〉(どれか3つ)、〈姿隠し〉、〈捜索〉、〈打撃回避〉、〈手先の早業〉、〈毒物調製〉+10%、〈値踏み〉、〈尾行〉、〈秘術言語:魔法語〉+10%、〈魔風交信〉+10%、〈魔力感知〉、〈魅惑〉+ 20%、〈読み書き〉+10%

異能:《アンデッド》、《暗黒の魔術》、《暗黒の魔法体系:死霊術》、《エーテル順応》、《怪奇な顔》、《下級魔術:解呪》、《下級魔術:魔法の錠》、《呪文動作迅速》、《初歩魔術:秘術》、《肉体武器》、《敏感》、《瞑想》、《夜目》

特別ルール:
• 吸血:敵に組みついたヴァンパイアは、牙で血在吸うことを試みられる。
「組みつき」が有効な間にヴァンパイアの攻撃で1点以上の【耐久力】を失った相手は、追加で1d10%の【筋力】をも失う。
遭遇を生き延びたなら、失われた【筋力】は、1時間に1%ずつ回復していく。

• 暗黒魔術の大家:死霊術の魔法体系の呪文を発動する際に、発動ロールに+3のボーナスが受けられる。

• 生来の死霊術師:ヴァンパイアは、スケルトンやゾンビといった下級アンデッドを、あたかも死霊術師であるかのように操作できるのだ。
ヴァンパイアから48ヤード(24マス)を範囲として支配下の下級アンデッドは簡単な命令に従う。
支配下のアンデットは範囲の外へ出ると単なる屍へと還る。
君がヴァンパイアに出くわしたなら、ほぼ例外なく1ダースかそれ以上(ヴァンパイアの【知力】と同等の人数まで)のスケルトン戦士が唯々諾々とヴァンパイアに従っているのだ。
また、ヴァンパイアが死霊術を行なう場合には、暗黒の魔術について回る「副作用」を、受けずにすむ。

• 吸血鬼の災い:ヴァンパイアには、各種の特典がある反面、深刻な弱点もついて回る。
ヴァンパイアは、流れている水を橋以外では渡れない。
ヴァンパイアの姿は、鏡に映らない。
ヴァンパイアは、毎日数パイン卜の血を飲まねばならず、飲めなかったなら、主要プロフイールの各能力値が10%ずつ減少する(再び血を飲めた段階で、減少分は回復する)。
直射日光にさらされたヴァンパイアは、あらゆる能力値が半減され(端数切捨て)、その状態が続く限り1分間に1点ずつ【耐久力】が減少する(【頑健力】ボーナスや鎧は無効)。

鎧:なし
アーマー・ポイント:頭部0、両腕0、胴体0、両脚0
武器:爪、牙

 

Follow me!

ネクリアーク・ヴァンパイア:Necrarch Vampire” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です