ウォーハンマーFRP 獣の魔法体系

茶色の魔力の風であるガウルは、エーテルの野獣の精神である。
この力を扱う魔導師は全てに宿る動物的な力を操る。
《秘術魔法体系:獣》を持つなら、下記の3つの呪文リストから1つを選択すること。
その10の呪文がキャラクターが使える呪文となる。
《秘術魔法体系:獣》の11個目の呪文を覚えるには、100xpで《追加呪文》異能を取得することで、その後呪文を1つずつ個別に修得できるようになる。
例えば、11個目からは《追加呪文:隼の翼》という表記で異能欄に書き込んでいく。

獣の魔法体系リスト

基本呪文リスト 秘法呪文リスト 主要呪文リスト
野獣沈静 動物虐待の咎 野獣沈静
空飛ぶカラスの姿 獣心懐柔 獣心懐柔
怒りの爪 獣治療 獣治療
物言う獣 雄牛の心意気 物言う獣
飼い主の声 猪の毛皮 飼い主の声
むさぼり喰らう狼の姿 毛皮破壊 冬の永きうたた寝
カラスの饗宴 冬の永きうたた寝 恐るべき叱責
放たれし獣 威厳ある馬の姿 放たれし獣
荒れ狂う熊の姿 恐るべき叱責 不快なる変異
隼の翼 不快なる変異 隼の翼

野獣沈静(Calm the Wild Beast)
発動値:5
発動時間:半アクション
具材:角砂糖1つ(+1)
48ヤード(24マス)以内の動物に心地よい声を聞かせることで動物をなだめられる。
動物側の【意志力】テストに成功すると呪文は抵抗され、失敗となる。
この呪文が成功したなら、君は動物に近づき、手で触れることができる。
動物はおとなしいままだ。
乗用動物の場合なら、〈騎乗〉テストに+10%のボーナスが得られる。
動物は【魔力点】と同数の時間(【魔】2点なら2時間)、君に友好的だ。
ただし、君が動物を攻撃した場合ただちに呪文は消える。

動物虐待の咎(Cruelty’s Desserts)
発動値:6
発動時間:半アクション
具材:蝙蝠の鳥糞石1つまみ(+1)
野生の動物か家畜に対して触れながらこの呪文を唱えると、満月までにこの動物を傷つけるか酷い扱いをした者は全ての【協調力】テストに-10%のペナルティを受ける。
ペナルティは次の満月まで持続する。

空飛ぶカラスの姿(Form of the Soaring Raven)
発動値:7
発動時間:全アクション
具材:カラスの羽毛(+1)
君は1時間だけカラスに変身できる。(君が携えている全装備も含めて)
【知力】【意志力】はそのままに、その他の能力値はカラスのものとなる。
君は、カラスでいる間は話すことも呪文を使うこともできないが、時間内であれば好きな時にこの呪文を終了させて元の姿へと戻れる。
また、君がクリティカル・ヒットを被った場合、自動的にこの呪文は解ける。

獣心懐柔(The Beast Broken)
発動値:7
発動時間:全アクション
具材:手綱(+1)
12ヤード(6マス)以内の1匹の野生の動物を人間に対して従順にすることができる。
ただし、一般的に飼い慣らすことのできる動物に限られ、馬や犬、猛禽類などがあてはまり、熊や狼、蛇などはあてはまらない。
目標の動物が【意志力】テストに成功すれば呪文は失敗となる。
呪文が成功すれば、人間、ドワーフ、エルフ、ハーフリングに永遠に従順になる。
しかし、グリーンスキンやスケイブン、混沌に汚染されたクリーチャーなどへの恐怖は払拭できないため、忠誠テストが随時必要になる。

怒りの爪(Claws of Fury)
発動値:8
発動時間:半アクション
具材:猫の爪1つ(+1)
君は野生味を帯びて指の爪が鋭い鉤爪になる。
【攻撃回数】+1と【武器技術度】+10%のボーナスが得られ、両手の爪は「素早い」特質の片手武器とみなす。
君の【魔力点】分の分数間呪文は持続する。
ただし、呪文が有効な間は君の手は武器を使うことができない。

獣治癒(The Beast Made Well)
発動値:9
発動時間:全アクション
具材:軟膏少々(+1)
君が手を触れることで、自然界に生息する動物の【耐久力】を君の【魔力点】分だけ回復できる。
ただし、魔法的な動物(使い魔のこれに含まれる)やモンスターには影響を与えられない。
この呪文は接触呪文である。

雄牛の心意気(The Ox Stands)
発動値:11
発動時間:半アクション
具材:雄牛の蹄(+2)
君は48ヤード(24マス)以内の全ての仲間に対して、咆哮することで、「恐怖」「恐慌」の影響下にある仲間はその影響を受けなくなる。
新たに別の「恐怖」「恐慌」が訪れない限り、この状況下で【意志力】テストは必要なくなる。

物言う獣(The Talking Beast)
発動値:11
発動時間:半アクション
具材:君が変身しようとする動物の舌(+2)
君は24ヤード(12マス)以内にいる1体の動物にこの呪文をかけることで、君の【魔力点】分の分数にわたってその動物と会話ができる。
また、動物に変身する魔法を使う直前にこの魔法を成功させていれば、変身後にも言葉を話せる。

飼い主の声(Master’s Voice)
発動値:13
発動時間:半アクション
具材:動物の体毛を編み込んだオモチャの鞭(+2)
君は24ヤード(12マス)以内にいる動物1体に命令を発し、動物が【意志力】テストに成功しない限り、命令に従わせられる。
動物のターンが回ってきたら君がアクションを決定し、動物はそれに従う。

猪の毛皮(The Boar’s Hide)
発動値:14
発動時間:半アクション
具材:一片のなめされた猪の毛皮(+2)
君の皮膚は野生の猪のように頑丈になる。
この変化は【魔力点】と同数の分数にわたり持続する。
頑丈になった皮膚により、クリティカル・ヒットのクリティカル値を1点減少できる。
反面、毛皮は硬く動き難いため、【敏捷度】-10%のペナルティを受ける。

毛皮破壊(Leatherbane)
発動値:15
発動時間:全アクション
具材:小瓶に詰められた雄牛の角の粉(+2)
君が人やクリーチャー、動物に触れると対象が身に付けている全ての皮製製品は瞬く間にしなびて塵と化す。
ベルト、ポーチ、革製鎧、鞘を吊るす紐などその全てが対象となる。
これは接触呪文である。

むさぼり喰らう狼の姿(Form of the Ravening Wolf)
発動値:15
発動時間:2全アクション
具材:狼の足(+2)
君は1時間だけ狼に変身できる。(君が携えている全装備も含めて)
【知力】【意志力】はそのままに、その他の能力値は狼のものとなる。
君は、狼でいる間は話すことも呪文を使うこともできないが、時間内であれば好きな時にこの呪文を終了させて元の姿へと戻れる。
また、君がクリティカル・ヒットを被った場合、自動的にこの呪文は解ける。

冬の永きうたた寝(The Winter’s Long Slumber)
発動値:16
発動時間:2全アクション
具材:熊の歯(+2)
君が手で触れることによって、どんなに興奮している人間、クリーチャー、動物をも熊の冬眠のような深い眠りにつかせることができる。
この状態は今の季節と次の季節の終わりまで数ヶ月間持続する。
魔法による冬眠なので、飲食の必要はなく、いかなる病気などの身体を害するものは遮断される。
ただし、すでに患っている疾患や毒などのペナルティは持続するが進行はしない。
しかし、自然治癒は適用できる。
この呪文は術者が魔法を解くか効果時間が過ぎるまで解けることはない。
君自身にこの呪文をかけることもできる。
その際は呪文で眠りに着く前に、仲間の誰かを呪文を解くことができるように任命しておく必要があり、任命されたものはいつでもフリーアクションで起すことができる。
この呪文は接触呪文である。

カラスの饗宴(Crow’s Feast)
発動値:17
発動時間:全アクション
具材:籠に入れたカラス(+2)
君は48ヤード(24マス)以内の任意の地点に嘴は鉄で補強され、鋭い爪を持つ残忍極まりないなエーテル界カラスの群れを呼び出すことができる。
また、カラスはあらゆる物質を通過できるためどんな場所でも召還できる。(地下深いダンジョン内部でもだ!)
カラスは常に群れで出現するため、大型テンプレートの範囲内の敵全てにダメージ値3の被害を与えると瞬く間に飛び去ってゆく。
命中ロールは必要なく、攻撃は全て頭部に命中する。

威厳ある馬の姿(Form of the Puissant Steed)
発動値:18
発動時間:2全アクション
具材:軍馬のたてがみ一房(+2)
君は1時間だけ軍馬に変身できる。(君が携えている全装備も含めて)
【知力】【意志力】はそのままに、その他の能力値は軍馬のものとなる。
君は、軍馬でいる間は話すことも呪文を使うこともできないが、時間内であれば好きな時にこの呪文を終了させて元の姿へと戻れる。
また、君がクリティカル・ヒットを被った場合、自動的にこの呪文は解ける。

恐るべき叱責(Cowering Beasts)
発動値:18
発動時間:全アクション
具材:臆病に犬の毛(+2)
君は敵を飼い主に怯える動物とみなして雷のように叱責する。
これにより、君から48ヤード(24マス)以内にいる敵のうち君から近い順に2d10体はパニックを起す。
対象になった者は毎ラウンド「恐怖」テストを行うことになる。
敵はテストに成功するか君がその場からいなくなるまで毎ラウンドテストを行う必要がある。
君はこの呪文の効果を1体に集中させることもでき、その場合対象の行う「恐怖」テストは-10%のペナルティが付与される。

放たれし獣(The Beast Unleashed)
発動値:19
発動時間:2全アクション
具材:狼の心臓(+2)
君の味方のうち任意のキャラクター1体が内包する原始的な野蛮さを解き放つことができる。
君から12ヤード(6マス)以内にいる味方が対象で、その味方キャラクター1名を《狂乱》異能に従って狂乱させる。
呪文が発動された瞬間に味方は狂乱する。

荒れ狂う熊の姿(Form of the Raging Bear)
発動値:21
発動時間:3全アクション
具材:熊の爪一つ(+3)
君は1時間だけ熊に変身できる。(君が携えている全装備も含めて)
【知力】【意志力】はそのままに、その他の能力値は熊のものとなる。
君は、熊でいる間は話すことも呪文を使うこともできないが、時間内であれば好きな時にこの呪文を終了させて元の姿へと戻れる。
また、君がクリティカル・ヒットを被った場合、自動的にこの呪文は解ける。

不快なる変異(Repugnant Transformation)
発動値:21
発動時間:2全アクション
具材:青いヒキガエルの皮(+3)
君の強力な魔法により、対象は本能のままに行動する獣になる。
犠牲者は手強い難易度(-10%)の【意志力】テストに失敗したなら、全身から毛が生え、言葉を失い、異常な行動をとるようになる。
犠牲者は手番がきたら1d10をロールしてそのラウンドの行動を決定する。
効果を解除するためには、もう一度この呪文に成功するか、『解呪』の呪文で〈魔風交信〉テストに2段階以上成功しなければならない。
この呪文は接触呪文である。

ロール 結果
1 気になる臭いがあり、それを探し回る。
2 泣き叫びながら、凄い音を立てて排便する。
3 わけもなく叫び、障害物に突っ込み、あらゆる方向へ走り出す。
4 甲高い奇声を上げて、一番近い生物に攻撃する。
5 モーッと鳴いて、一番近い生物に抱き付こうとする。
6 丸まって、気が狂ったように笑いはじめる。
7 手に持っている物を振り回しながらジグを踊る。
8 このラウンドは通常通り行動できる。
9 押し黙って突っ立っている。
10 ラバのように咆哮するため、8ヤード(4マス)以内の全ての者は「恐怖」テストを行わなくてはならない。

隼の翼(wing of the Falcon)
発動値:21
発動時間:2全アクション
具材:生きたままの隼(+3)
君を飛翔させるのに十分な強度をもつ翼が背中に生える。
効果は君の【魔力点】と同数の分数だ。
その間は【飛行移動力】4で飛ぶ。
君の姿は異常なため早とちりな連中に注意しなければ、しかるべき行動をとられてしまうだろう。

Follow me!

ウォーハンマーFRP 獣の魔法体系” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です