オークシャーマン:Orc Shaman

部族のまじない師であるオーク・シャーマンは、神秘的な呪文の数々で敵を圧倒する能力を持ち、グリーンスキンたちもそれを見て大喜びし歓声を上げるが、しばしばシャーマンたちは、自分の肉体の限界を超えて魔力を集めてしまう。
すると、あたかもグリーンスキンの神々が降りてきたかのように、シャーマンは神がかり状態になって精神を乱すのだ。
シャーマンは半ば狂ったようになり、恍惚状態となって奇怪なダンスを踊りだすのである。
こうした奇行によって、シャーマンたちは野営地周囲で様々な厄介ごとを引き起こす。
一方で迷信深いサヴェッジオークたちは、自分たちのシャーマンがより奇怪な儀式を行ったり、骨飾りをガラガラ鳴らしたり羽根飾りを震わせたりしながら、奇妙なダンスと供にチンプンカンプンな歌を口走ったりする光景を日頃から見慣れている。
シャーマンは彼らを護るために魔法的な戦化粧を施してくれるため、こうした奇行は普通に受け入れられているようだ。
魔法の呪術を受けられるのであれば、サヴェッジオークたちはシャーマンがどれだけ跳ね回っても気にしないのである。

 

・GMはオークシャーマンのデータを、コモンオークもしくはサヴェッジオークの能力値をベースにシャーマンの項目の能力値成長表によって作成する。

 

Follow me!

オークシャーマン:Orc Shaman” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です