ムートランド:Mootland

正式名:ムートランド大侯国
統治者:女選帝侯ヒスメ・スタウトハート。ハーフリングムートの長老。
政治形態:代表民主制。選出議員議会と町村議会による。
首都:アイヒェシャッテン
勅許自由都市:全て
主要輸出品:タバコ、ビール、保存加工された肉や魚、チーズ
特徴 

ム一トランドはエンバイアの中緯度地帯で最も肥沃な農用地である。 "肥満帝"ルートヴィヒの時代に選帝候領として独立を与えられたハーフリングの国である。 "緑葉ヶ丘"ではタバコが"オールド•スタ一ルランデ"は肥沃な穀倉地帯だ。 また、ムー卜ランド南東のドライフィッセンの町周辺では羊と山羊の大規模な畜産とリンゴ栽培が盛んである。 ムートランドのたばこは特に有名でブレトニアの舶来品を越える味だと、ハ一フリングのタバコ商人はエンパイア各地を行商し謳っている。

主要都市

アイヒェシャッテン 
ムートランドの首都で"長老"のヒスメ•スタウトハー卜の"宮殿"がある。 宮殿といっても藁葺き屋根の木造二階建ての家である。 ムートランドの政治の中心であるため、三年毎に"定例大集会"が行われ、地域に関わらず各地からハーフリングが集まり、領邦の政治的な問題を話し合ったり、次の三年間の長老を選ぶ。 そして旧友と再会し、 強い林檎酒のレシピを交換しあうすばらしい時となるのである。
ギプフェル 
"緑葉ヶ丘"の中心の小村であるこの村には"緑葉"中に点在する多くの農地の所有者で閻魔帳を持っている"ダグじいさん"によって支配されている。 収枵期の晩夏と早秋には村唯一の宿屋も予備室まで満室となる。 高価なたばこの菜を落札するためにキスレヴやナルンから交易商が集まるからだ。
変わりヶ森 
アイヒェシャツテンからヴェルデルンへの道をまたぐ位置にある"変わりヶ森"は呪われていると噂される。 しかし、森を通る街道から外れずに、夜になる前に抜けることが出来れば普通の街道として機能しているので、行き来はある。 森の出入り口には"笑う兎亭"と"赤い牡鹿亭"があり、大変繁盛している。 夜の森を無事に抜けてきた者は今まで皆無なのだから。
ザオアーアップフェル 
ザオアーアップフェルの町は林檎の栽培でとても有名で、収穫祭はエンパイア中でも有名である。 この祭りはパイ週間に開催され、パイ焼き、林檎乗り、豚いじくり、破廉恥な"唇泥棒などのお遊びや競技が特徴的である。 このお祭りのおかげで"父親"に似ていない子がよく生まれる。
居留地名規模統治者人口富裕度産業兵士の数と質備考
アイヒェシヤッテン (Eicheschatten)町民集会3,3753農業、交易、ビール、行政府150b/600c領邦の首都
ビルンバウム(Birnbaum〉村民集会982農業、ソーセージ-/35c
ドライフリュッセン(Dreiflussen)町民集会6982農業、漁業、ビール70b/200c
アインザムホルツ(Einsamholz)町民集会5252農業、チーズ50b/175c
フェレンブラット(Fallenblatt)村民集会872農業-/30c
ギプフェル(Gipfel)村民集会912農業-/35c
グリュンヒューゲル(Grunhugel)村民集会952農業、畜産-/35c
ホイケルン(Heukern)村民集会842農業-/30c
ザオア一アップフェル(Sauerapfel)町民集会4842農業、畜産50b/150cムー卜で一番のアップルパイで有名。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です