ウォーハンマーFRP 伴侶動物/家畜

伴侶動物は人間にとって、友達や仲間、ときには家族として位置づけだ。
オールドワールドの街路にいる乞食にとって犬は単の街のチンピラを追い払ってくれるだけではなく、夜になれば温めてくれるし、どれほど雫落れてもそばにいる友達でいてくれる。
猫は鼠獲りや魔法使いの使い魔として、鳩は伝書として動物たちは人間に有用な働きをしてくれる。
一方、家畜は使役用と食料用として飼われる。
重い荷物を運ぶロバや畑を耕す牛は使役用、鶏や豚は食料として飼育される。
また、馬のように乗用の目的で飼われる動物もいる。
伴侶動物

動物 価格 入手
犬(軍用) 30gc 希少
犬(血統書つき) 3gc 潤沢
40gc 希少
調教した大烏(カラス) 10gc 希少
1s 潤沢
鳩(伝書) 1gc 平均的
狩猟用の鳥 80gc 希少

犬(一般)
一般的に犬は野良の雑種犬から金持ちのペット用まで様々な犬種がある。
猫よりも簡単なある程度の訓練で、庭をパトロールさせたり、下水道の鼠を追い出したり、眠っている主人を守らせたりできる。
番犬や愛玩用の犬はこちらのカテゴリーだ。

Main Profile
【武技】 【射技】 【筋】 【頑】 【敏】 【知】 【志】 【協】
 25%  0%  21%  21%  30%  15%  30%  0%
Secondary Profile
【攻】 【耐】 【筋+】 【頑+】 【移】 【魔】 【狂】 【運】
 1  6 2 2 6 0 0 0

技能:〈足跡追跡〉、〈察知〉+20%、〈水泳〉
異能:《逃走!》、《生身の武器》、《敏感》
※ネズミ捕りキャリアの犬は《生来の戦士》異能を持つ。

犬(軍用)
オールドワールドで犬を飼っている人の比率は低い。
狩猟好きな田舎貴族が複数頭の犬を飼っていたり、ミュータントの匂いを嗅ぎ出す犬を連れている魔狩人などだ。
斥候などが使う軍用犬や狩猟などに使う中型から大型の犬がこちらに含まれる。

Main Profile
【武技】 【射技】 【筋】 【頑】 【敏】 【知】 【志】 【協】
 41%  0%  32%  38%  30%  15%  43%  0%
Secondary Profile
【攻】 【耐】 【筋+】 【頑+】 【移】 【魔】 【狂】 【運】
 1  10 3 3 6 0 0 0

技能:〈足跡追跡〉、〈威圧〉、〈察知〉+20%、〈水泳〉
異能:《強打》、《逃走!》、《生身の武器》、《敏感》

大烏(カラス)
大烏は不吉のシンボルであるため、一般の人々は大烏を恐れている。
しかし、大烏は頭が良いので調教して伴侶動物として飼うことができるが隼や梟ほど有用ではない。

Main Profile
【武技】 【射技】 【筋】 【頑】 【敏】 【知】 【志】 【協】
 38%  0%  10%  10%  38%  12%  24%  0%
Secondary Profile
【攻】 【耐】 【筋+】 【頑+】 【移】 【魔】 【狂】 【運】
 2  6 1 1 2(8) 0 0 0

技能:〈察知〉+20%
異能:《長視野》、《飛行者》、《敏感》


遥か異国の商人によって猿は輸入される。
猿は賢く、調教により様々な仕事ができるので、飼い主はとても猿を可愛がるが世間一般の人々は、糞を投げつけられたり、商品を盗まれたりと良い印象はあまりない。

Main Profile
【武技】 【射技】 【筋】 【頑】 【敏】 【知】 【志】 【協】
 20%  25%  10%  10%  40%  15%  10%  5%
Secondary Profile
【攻】 【耐】 【筋+】 【頑+】 【移】 【魔】 【狂】 【運】
 1  6 1 1 4 0 0 0

技能:〈崖登り〉、〈姿隠し〉
異能:《逃走!》

狩猟用の鳥
鷹狩りは貴族に人気の暇つぶしだ。
これらの鳥はよく調教された猛禽でおとなしくさせるために頭に頭巾を被せられている。
狩猟用の鳥を飼っている場合、〈野外生存術〉テストが一段階やさしくなる。
しかし狩猟の際、鷹匠は厚手の革手袋などで自身の手を防護しなければ、その鳥が止まるたびに【耐久力】に1点のダメージを負う。
梟、みさご(鷹)、鷲、隼などが一般的だ。

Main Profile
【武技】 【射技】 【筋】 【頑】 【敏】 【知】 【志】 【協】
 38%  0%  10%  10%  38%  12%  24%  0%
Secondary Profile
【攻】 【耐】 【筋+】 【頑+】 【移】 【魔】 【狂】 【運】
2  7 1 1 2(8) 0 0 0

技能:〈察知〉+20%
異能:《重傷打撃》、《飛行者》、《敏感》、《方向感知》
※猛禽の鉤爪と嘴は【筋+】-2点のダメージ値とともに素早い特質を持つ。

鳩(伝書)
手紙を長距離輸送するために調教された鳩だ。
通常の鳩よりも筋肉質で長距離を飛行できる。
放たれた伝書鳩は80%の確率で自分の巣へ帰還できる。
伝書鳩のデータは無視して良い。


猫はオールドワールド全域の都市や荒野、農場をうろついている。
すごい早さで繁殖する厄介者でもあるが、家や農場にいる厄介な虫や小動物を駆除してくれるため、一般の人々はわざわざ飼うことはないが猫の存在は吝かではないという認識だ。

Main Profile
【武技】 【射技】 【筋】 【頑】 【敏】 【知】 【志】 【協】
 25%  0%  10%  10%  38%  10%  10%  0%
Secondary Profile
【攻】 【耐】 【筋+】 【頑+】 【移】 【魔】 【狂】 【運】
 1  6 1 1 6 0 0 0

技能:〈崖登り〉、〈察知〉+20%、〈忍び歩き〉、〈水泳〉、〈姿隠し〉
異能:《逃走!》、《野良猫》、《敏感》

家畜

家畜 価格 入手
馬(荷馬車用) 25gc 潤沢
馬(荷物運搬用) 40gc 潤沢
雄牛 30gc 潤沢
雌牛 10gc 潤沢
5p 潤沢
3gc 潤沢
2gc 潤沢
山羊 2gc 潤沢
騾馬(ラバ) 20gc 潤沢
驢馬(ロバ) 15gc 潤沢

馬(荷馬車用、荷物運搬用)
荷馬車用の馬は使役用に丈夫に配合されている。
荷馬車用馬は軽軍馬のデータを使用する。
荷物運搬用の馬は荷馬車用馬よりも長距離移動に向く配合がされている。
荷物運搬用の馬は乗用馬のデータを使用する。

雄牛、雌牛
雄牛は荷物運搬用の動物として優れている。
主として荷車用の動物として使用されるが若い雄牛は食用としても利用される。
データは軽軍馬のものを使用するが、【移動力】は6点とする。
雌牛は肉よりも牛乳の方が重要だとして扱われる。
大部分の小作農にとって牛肉は超贅沢品だ。
雌牛のデータは無視してよい。


オールドワールドでは定番の食料源だ。
肉、卵どちらも一般的に食される。


羊毛は衣類の材料として最も一般的なため、オールドワールド中に広く分布しているが、エスタリアとブレトニアは羊毛の産地だ。
もちろん食用としての需要もある。


ゴミを片付けてくれる上に肥料を提供してくれる。
最後には食用になる。

山羊
ゴミを片付けるてくれる上にミルクを提供してくれる。
オールドワールドでは豚よりも山羊の方が一般的だ。

騾馬(ラバ)
ロバと馬の合いの子がラバだ。
荷車を牽いたり、荷物を運搬するのに適している。
乗用馬のデータを使う。

驢馬(ロバ)
この御しにくい獣は頑健だがワガママでおおむね不機嫌だ。
それでも馬より安いため荷車牽きや荷物運搬の仕事に使われる。
ロバはポニーのデータを使用する。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です